低音から高音まで全ての音域を、一貫した音色で音楽信号伝送。

フラッグシップハイクオリティーラインケーブル「雫SHIZUKU」誕生

雫 07 /0.7m    希望小売価格 ¥52.000-(税別)

雫 1.0 /  1m    希望小売価格  ¥56.000-(税別)

雫 1.5/1.5m     希望小売価格  ¥62.000-(税別)

以降50cmプラス¥6.000-(税別)

review

土方 久明

主に音元出版 オーディオアクセサリー誌、ネットオーディオ誌などに執筆を行う評論家。ハイレゾを始めとするデジタルオーディオ再生に精通する。2015年ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト審査員。10月に行われたオーディオショー“音展”では評論家として最多講演数を誇る。

構造、マテリアル、製造方法。昨今ここまで手の込んだオーディオケーブルはお目にかかったことはない。車業界の用語で言えば、フルチューンのケーブルと言って良いか。レビューを行う私自身の期待度も高い。しかしまずは、冷静にこのケーブルの音質を確認するために、普段リファレンスに使用している、ホームオーディオ用のハイエンドケーブルやプロ用の定番ケーブルなどとも比較をしながらレビューを行った。

 まずこのケーブルは、音色的に癖がないことが特長だ。金額の高いハイエンドケーブルに

ありがちな、高域にアクセントをもたせたような派手な音作りとは違う。かといって音楽的に魅力がないわけではなく、例えば、女性ボーカル「ダイアナ・クラール ウォールフラワー」 を聞くと、ニュートラルなボーカルに生命感を感じ、バックミュージックとの分離も優れている。

上下方向のレンジは広いが、中域が抜けていないのも良い。プロ用のケーブルと比較しても、

情報量や聴感上のSN比に優れている。音調的に少々重心が下がる傾向も見えるが、最低域の伸びの良さは、専用のウーファーを使うカーオーディオには都合が良いかもしれない。

オーケストラ「ロッシーニ: 序曲 全集歌劇 泥棒かささぎ」は情報量とスピード感を併せ持つ表現力を見せる。

 また低域・中域・高域、各帯域の位相感が優れており、それにより洋楽/邦楽のポップスや打ち込み系の音源、今回は「TOTO IV 聖なる剣 ロザンナ」を聞いたが、音色の違う各々の楽器のスピードが揃って、リズムが取りやすい。前記したとおり、情報量が多く、音色的な癖をもたないので、

ハイビット・ハイサンプリング(いわゆるハイレゾ)音源の再生では、その良さを享受することが出来ると思う。視聴を終えて、いまこのケーブルを世に出す意味は十分に理解できた。

雫は、カーオーディオにおける今後のハイレゾ化を見据えた高いリファレンス性を持つケーブルと言える。

雫 07 /0.7m    希望小売価格 ¥52.000-(税別)

雫 1.0 /  1m    希望小売価格  ¥56.000-(税別)

雫 1.5/1.5m     希望小売価格  ¥62.000-(税別)

以降50cmプラス¥6.000-(税別)

ケーブル導体      PC-Triple C

導体断面積         0.75Sq(mm2)

導体絶縁体          発砲ポリエチレン

構造                      2芯ツイスト+綿糸介在

シールド                銅箔+編組

シース                   ハロゲンフリー・ポリエチレン

外皮                      静電気除去ポリウレタン編組チューブ

ケーブル               φ9